読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椎名林檎のL7という曲で号泣

椎名林檎さんのL7という曲。17ではありません。

僕も高校時代、この歌に出てくる女の子のような高校生活だったなあ。

あまり同級生となじめなかった。毎日一人で家に帰っていた。

 

now i'm seventeen

私は17歳
my school is in the country

私の通う学校は田舎にあって
students wear trainers

そこに通う生徒は同じ格好で
read the same magazins

同じ雑誌を読んで楽しんでいる

now i'm seventeen

私は17歳
my school is getting tiresome

学校は退屈そのもの
teachers-they're so young

先生も生徒も幼稚で
singling me out

誰もわたしのことを分かってくれない

only like philosophy & after school the time

哲学と放課後だけが
that's what i call my own time

唯一の救い
nice girls meet nice boys end of school day

イケてる女子はイケてる男子と帰るけど
while other girls go strait home

talking 'bout soaps'n' that

そうじゃない女子はまっすぐ化粧品の話なんかしながら帰る

i go home alone

like it watching the nameless people

私はひとり、どうせ知りもしない人の群れを見ながら帰る
surfing subways, travelling somewhere

このまま地下鉄に乗って、どこか遠くに
"・・・nowhere・・・"

何もないところに

 

now i'm seventeen

私は17歳
i do not have a title

何になりたいかも分からないし
depend on no one else

何を頼ればいいのかも分からない
busy being kind

今、ここにいることで精いっぱい

 

only like philosophy & after school the time

哲学と放課後だけが
that's what i call my own time

唯一の救い
nice girls meet nice boys end of school day

イケてる女子はイケてる男子と帰るけど
while other girls go strait home
talking 'bout soaps'n' that

そうじゃない女子は化粧品なんかの話をしながら帰る

i go home alone

どちらでもないさえないわたしは1人で帰るの
and have dinner in my sweet home
praying again, again & again
(again & again & again)

家に帰って、ちょっと居心地の良い家でご飯を食べて、

こう思うの

こんな生活、もう嫌だって

 

i see the same faces in school & they say that i am different

学校ではあんまり変わらない奴らが人気者で、「お前は変だ」って私に言うの
i think it's an honour
i say it's an honour to B diffrent

だから私はそいつらにこう言うの

「いいじゃない変わり者で。変わっているって素敵でしょ」


i can't go their way

私はあいつらと違う

surfing subways, travelling somewhere
"・・・nowhere・・・"
(nowhere nownow nownow ah!)

このまま地下鉄にでも乗って、どこかへ行きたい

だれも私の事なんて気にも留めていないから


i go home alone

こんなに素敵な私なのにともだちができない
and have dinner in my sweet home

両親には心配をかけたくない
praying again, again & again
(again & again & again)
"・・・peace・・・"

だから早くこの生活が終われば

18歳になれば、大学生になれば…

now i'm seventeen
"・・・seventeen・・・"

now i'm seventeen
"・・・seventeen・・・"

私はまだ17歳…。